×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ






iPhone4のバッテリーを交換してみた。



iPhone4バッテリーの寿命は1年で30%消耗すると言われています。
iPhone4バッテリー交換時期は使用開始から12ヶ月~15ヶ月という時期が多く、18ヶ月がピークになるそうです。
2年持たないんですね。
また、バッテリー交換を修理専門店に出すと10000円程度かかります。その上、iPhone4のデータはすべて消去されます。
そこで今回は、低価格でiPhone4バッテリー交換する方法をご紹介します。
<準備>
Apple アップル iPhone4 交換バッテリー工具付


<Step1>
ドックコネクタの両脇のトルクスネジを外します。


<Step2>
ネジを外したらiPhoneのカバーを上にスライドさせてカバーを取ります。


<Step3>
カバーが外れるとこんな感じになります。


<Step4>
バッテリーを固定しているプラスのネジを取ります。


<Step5>
プラスのネジを外したら工具を入れて
バッテリーを固定している金具を外します。


<Step6>
バッテリーを固定している金具が外れたら工具を入れて
バッテリーを外します。


<Step7>
バッテリーが取れたら、新しく買ってきたバッテリーを付けます


<Step8>
バッテリーを取り付けて、プラスのネジでバッテリーを固定していた
金具を取り付けましょう。


<Step9>
電源がついたら成功です。


※時計がリセットされていたのでntpdateをつかって合わせました。

<関連記事>
Acer Aspire One D255Eのメモリを交換してみた。

わかりやすいPT2設定まとめ
 (Windows7/Vista/XP)[32bit]


ジャンル